雲が描いた月明かり 第7話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

ラオンはヨンとビョンヨンに助けられ無事宮殿に戻った。
いつもビョンヨンに助けられて申し訳ないというラオン。話をするうちに以前看病してくれたのがビョンヨンではなくヨンだと気づく。宮殿がもっと好きになりそうで心配だというラオン。

ラオンを心配して駆けつけたユンソン。ラオンのことを”自分を走らせるほど特別な人”だという。
ヨンはラオン救出にユンソンの協力があったことをねぎらうが、ユンソンは自分にとっても重要なことだったから気にしなくていいという。

一人の内官を贔屓するヨンに”男色では?”という噂が立っているというソン内官。
王妃の前で吐き気をもようした女官は妊娠しているようだ。

ドキは毒の専門家。少量の毒を使って女官を治療する。
女官たちは、隠れて会っている内官と女官がいるという噂をする。

女官を妊娠させたのは内侍府の人間ではないことを証明するため、全内官に対して身体検査を行うことになった。

ヨンは食事がマズイといって全部ラオンに食べさせる。
ラオンが’そばにいろ’とはどういう意味なのかとヨンに問うとヨンは、お気に入りの内官をそばに置きたいと思うのはおかしいか?と答えた。

ハヨンは偶然を装って独り花園で読書をしているヨンの前に現れ、一緒に散歩をと誘うが断られる。花園での楽しそうな二人の姿をラオンが見てしまった。

偶然マ内官と女官のウォルヒの仲を知ってしまったラオンは、人形劇を通してマ内官の気持ちをウォルヒに伝えようとする。
ヨンはそんなことをしても無駄だというが、ラオンは気持ちを知るだけでも生きて行く力になるかもしれないという。

キム・ホンは、ホン・ギョンネの乱の残党が再び集結するためにギョンネの子どもを探していると王の不安を煽る。





ラオンに思いを寄せるユンソン。しかし祖父のキム・ホンはユンソンを礼判の娘と結婚させようとする。
ユンソンは以前買った女性用の服をラオンに贈り、女性として生きたいと思わないかと尋ねるが、ラオンは今のままがいいという。ラオンの本当の気持ちがわかるまで待っているというユンソン。

父親から領議政(キム・ホン)の孫との縁談話を聞かされたハヨンは、婚礼は自分の望む方としたいと答える。

人形劇は成功するが、ラオンはソン内官に捕らえられ王妃のもとに突き出される。
すぐにヨンがラオンを助けに来た。ラオンを見るヨンの目に特別なものがあると王妃は感じる。

ソン内官はラオンの身体検査をしようとするが、マ内官が助けに入る。
以前からラオンが女だと知っていたマ内官はラオンに宮殿は危険なところだと忠告する。出て行けるなら出て行かなければ、というラオン。

ラオンはヨンと距離を置き、自分を特別扱いしないでほしいと申し出る。

ヨンは悩んだ末にラオンを呼び出して’おまえが好きだ’と自分の気持ちを伝える。
’愛にも良いものと間違ったものがある’というラオン。
自分の気持ちに正直に、その’間違った愛’をしてみようと思う、とヨンはラオンにキスをする。

 

続きはこちら>>第8話




再会した世界05-06

>>YouTube再生リスト

 

自分が死んだのはジョンウォンのせいではないというヘソン。ジョンウォンはずっとヘソンに会いたかったという。
ヘソンはジョンウォンの家に泊まることに。

缶ビールのプルタブを見つけてヘソンは高校時代のことを思い出す。
高校時代、二人でソウルまでジョンウォンの母親を訪ねて行ったが冷たくされる。
町の駅に帰り着くと、ジョンウォンは缶ビールが飲みたいという。ヘソンは飲み終わった缶ビールのプルタブを指輪のようにジョンウォンの指にはめてやる。

翌朝、仕事に行くジョンウォンを見送ったヘソンは弟ヘチョルに会いに行く。
ヘソンは強くなった力を使ってヘチョルが”兄貴”と呼ぶヤクザたちを懲らしめる。

ヤクザとは縁を切り新しい人生をとヘソンは言うが、ヘチョルは今更何も変わらないという。
他のきょうだいの電話番号も知らないヘチョルにヘソンは腹を立てる。

ジョンウォンが働くレストランが雑誌で紹介された。
ヘソンの弟ヨンジュンが客としてやってきたが、”兄弟はいないことにしてほしい”とジョンウォンに頼む。

ヘソンがヨンチョルを病院に訪ねて来たが、ヨンジュンは知らない人だという。
腹を立てたヘソンは怪力で警備員たちを投げ飛ばす。




謎のおじさんが現れてヘソンを投げ飛ばし、むやみに力を使うなとヘソンを嗜める。

川岸でしょんぼりするヘソン。レストランの前でジョンウォンを待つ。

ヘソンとジョンウォンはコンビニ前で酒を吞む。焼酎8対ビール2のソメクを吞んだヘソンは酔っぱらってしまう。

”自分が何故戻って来たのかわからない。誰も歓迎してくれない”
どうしてこうなってしまったのかと悩むヘソン。

酔って眠ってしまったヘソン。目を覚ますと高校時代の友人が集まっていた。皆ヘソンとの再会を喜んでくれた。

ヘソンは警察官のホバンに、事故の状況を説明する。
ヘソンを轢いた車はテフンの父親の車だというホバン。
ヘチョルが当日の家族たちの様子を説明する。ヨンジュンは家に居なかったというが、警察の記録は違っていた。

ジョンウォンの母親がレストランに訪ねて来た。母親はジョンウォンを助けたいというが、ジョンウォンは必要ないという。”ミンジュンと結婚する”というジョンウォンの嘘にミンジュンは話を合わせてジョンウォンを助ける。

事故当夜ヨンジュンが家に居なかったという話が気になるヘソン。
ジョンウォンに電話で確かめようとするが、携帯は故障したようになって使えない。

閉店後、ジョンウォンはミンジュンに昼間の礼を言う。
泣き出したジョンウォンの肩を抱くミンジュン。ヘソンがそんな二人を見てしまう。

 

 

続きはこちら>>あらすじ一覧




再会した世界

<基本情報>スキップしてあらすじ一覧

再会した世界 原題:다시 만난 세계

SBS水木ドラマ 2017.7.19~ 全40話(35分×2話ずつ放送)

<キャスト>

ヨ・ジング   ソン・ヘソン役
イ・ヨニ    チョン・ジョンウォン役
アン・ジェヒョン チャ・ミンジュン役
クァク・ドンヨン ソン・ヘチョル役

<公式HP>

http://program.sbs.co.kr/builder/programMainList.do?pgm_id=22000010464

 

 

 

<あらすじ>

第1&2話 第3&4話 第5&6話 第7&8話

第9&10話 第11&12話 第13&14話 第15&16話

第17&18話 第19&20話 第21&22話 第23&24話

第25&26話 第27&28話 第29&30話 第31&32話

第33&34話 第35&36話 第37&38話 第39&40話(最終回)

再会した世界03-04

 

踏切を挟んで向かい合うヘソンとジョンウォン。ジョンウォンはヘソンに気付かないまま行ってしまった。

ヘソンは自分が死んでいたことにショックを受ける。

ホバンはヘソンを墓に連れて行く。ヘソンの命日だった昨日、仲のいい友人たちが集まったが、ヘソンの弟妹たちとジョンウォンとは連絡が取れないという。
弟妹たちを見つけたいというヘソンにホバンは弟ヘチョルの会社の場所を教える。

昨夜の話を告白と勘違いしたジョンウォンは、断りの言葉をミンジュンに強い口調で伝える。

ヘソンはヘチョルの会社を訪ねて行く。突然遠くの声がよく聞こえるようになったヘソン。声を頼りに事務所を見つけることができた。
ヘチョルはジョンウォンのところに取り立てに行くことを拒んでヤクザたちに殴られていたが、ヘソンに気付かないまま逃げて行った。
力も強くなったヘソンはヤクザたちをやっつけてジョンウォンの住所を入手することができた。

ジョンウォンと上手くやって行きたいというミンジュン。
ジョンウォンは、自分には借金があり他にもいろいろと問題がある。運のない自分と関わらない方がいいというが、その話を聞いてミンジュンはかえってジョンウォンのことが好きになったという。

ジョンウォンの家の前でジョンウォンの帰りを待っていたヘソンはヤクザたちに袋叩きにされる。

ジョンウォンはレストランに独り残って後片付けをさせられる。
ミンジュンはアシスタントのジョンウォンを調理師に昇格させたいと思っているのだが…

ジョンウォンは家の前で倒れている男(ヘソン)を見つける。




ジョンウォンは、倒れていた男を部屋に運び入れて傷の手当をする。男が余りにもヘソンに似ているので驚くが、そんなはずがないと自分に言い聞かせる。

<ジョンウォンの回想>
ヘソンの葬儀の日、ジョンウォンは雨の中写真館まで走って行き、卒業アルバム用に撮った笑った写真をヘソンの遺影にと持って来た。

<現代>
誰もいない部屋で目覚めたヘソン。”起きたらそのまま病院に行ってください”というメモがあったが、傷は綺麗に治っていた。
部屋にあったジョンウォンの写真を見つけて喜ぶヘソン。

ホバンは友人たちを呼んでヘソンが現れた話をする。
それを聞いたジョンウォンは急いで家に帰る。

ジョンウォンとの再会を喜ぶヘソン。しかし、ジョンウォンが家賃も払えないような生活をしていると知って”一体どういう生き方をしているのか”とジョンウォンを責める。

無断欠勤したジョンウォンを心配してミンジュンが家に訪ねて来た。レストランを止めるつもりはないと聞いて安心するミンジュン。
”何か事情があるのだろう”と気を取り直して戻って来たヘソンは家の前の二人の様子を見てまた悩んでしまう。

ヘソンは冗談のつもりで”財布はなかったぞ。謝れ”というが、ジョンウォンは”そんなことを言うために戻って来たのなら私の前に現れないで”と怒って出て行ってしまう。

夜になっても帰ってこないジョンウォン。ヘソンが諦めて家を出ると、やって来たヘチョルと鉢合わせ。
ヘソンがヤクザの仲間になったヘチョルを責めると、”人殺しの弟だから仕方がない”という言葉が返って来た。

驚いたヘソンはホバンから話を聞く。
ヘソンは同級生を殺した犯人だとされていた。そしてジョンウォンは、事件が起きたもヘソンが死んだのも自分のせいだと責任を感じていて、3年前にヘソンの祖母が死んだときにそれまでの入院費用を肩代わりしたせいで借金ができたという。

ジョンウォンは部屋を出るために荷造りをしていた。
ホバンから話を聞いたヘソンは急いでジョンウォンの部屋に戻って来た。
そして自分が死んだのはジョンウォンのせいではないし自分は殺人犯ではないと告げた。

続きはこちら>>「再会した世界」05-06




再会した世界01-02

 

高校3年生のソン・ヘソン(ヨ・ジング)とチョン・ジョンウォン(イ・ヨニ)は友達も公認のカップル。

卒業アルバム用の笑った写真がヘソンの遺影。ヘソンが死んでもう12年になる。

学校の屋上で昼寝から目覚めたヘソン。昼寝の間に12年が経っており混乱する。

家族がいるはずの家には知らない人が住んでいた。泥棒と間違えられたヘソンは、警察署に。そこで警察官になっていた同級生のシン・ホバン(イ・シオン)と再会する。



ジョンウォンはレストランで働いている。そこに二人の男が訪ねて来たと聞いて逃げようとするが男たちに見つかってしまう。借金返済の催促に来た男たちの一人はヘソンの下の弟ヘチョル(クァク・ドンヨン)だった。

レストランのオーナーシェフ、チャ・ミンジュン(アン・ジェヒョン)はパリに行くはずだったがやめたという。

ヘソンは12年前のことを思い出す。長男のヘソンは両親の代わりに4人の弟妹と祖母の面倒をみていた。

朝食も食べずに登校した弟ヨンジュンのために弁当を届けるヘソン。ヨンジュンは殴られてケガをしていた。その原因はヘソンだという。ヘソンは弟を殴った相手に殴り掛かるが友人たちに止められる。

この日はヘソンの誕生日。ヘソンがアルバイトをしている間にジョンウォンはヘソンの家でパーティーの準備をしていた。そこにヘソンから電話が入る。すぐにジョンウォンの家に行くというヘソンにジョンウォンは学校に忘れて来た財布を取ってきてほしいという。

夜の学校でヘソンは昼間のケンカの相手が倒れているのを見つける。
救急車を呼びに行く途中ヘソンは事故に遭って死んでしまった。

<現代>
ジョンウォンとヘソンは同じ踏切の反対側で電車の通過を待つが・・・

続きはこちら>>再会した世界03-04

 




雲が描いた月明かり 第6話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

 

ヨンは、ユンソンがサムノムを連れて行くことを許さない。サムノムが妓生と楽しもうと言うと、ヨンは機嫌を損ねて帰って行く。

並んで歩くサムノムとユンソン。盗賊の捕り物に遭遇するが、その盗賊は実はビョンヨンだった。

キム・ホンたちは、最近増えた盗賊が、10年前のホン・ギョンネの乱の残党と繋がりがあるのではと警戒する。

ヨンは、”おまえが男だということを忘れていた。もうおまえを別の人と錯覚することはない”と冷たくサムノムを遠ざける。

ヨンはサムノムの幻を見るようになる。不眠症や息苦しさにも悩まされるヨン。医者は’後家・尼僧病’だという。”恋心を抱いてはいけない相手を想っていると起きる症状”と聞いたヨンは怒って医者を追い出す。

マ内官に呼び出されたサムノムは太平館の清国使節の部屋に連れていかれる。マ内官から”独舞の舞手を連れて来る”と聞いていた使節は、”綺麗な顔をした男なのか、女が内官の振りをしているのか調べてやる”とサムノムに乱暴しようとする。そこにヨンが現れ、サムノムを助け出した。

しかしサムノムは禁軍に捕らえられ、王様に抗議したヨンも東宮殿に閉じ込められてしまう。




世子が男色だという噂に怒るチャン内官。マ内官は、”相手が男ではないかもしれない…”という。それを聞いたユンソンは、マ内官を銃で脅し、”ホン内官に手を出すな。ホン内官の秘密云々という者がいたら、お前を殺す”という。

ヨンは東宮殿を抜け出して牢の中のサムノムに会いに行く。これからは、誰かのために我慢するなとヨンは言う。

怒った清国使節はサムノムを連れて帰るという。それを聞いたユンソンは、サムノムを助けるためにビョンヨンに協力を求める。

ヨンとユンソン、ビョンヨンは強力して清国使節の不正を暴き、サムノムを救い出した。

”お前を見ていると腹が立つが、お前がいないと余計に腹が立つ。だから、私のそばにいろ”とヨンはサムノムを宮殿に連れて帰る。

 

続きはこちら>>第7話




雲が描いた月明かり 第5話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

 

ヨンは、独舞を舞ったのはサムノムではないかと考える。サムノムはユンソンに助けられ、仕事をしていたように装う。それでもヨンにはサムノムが独舞の舞手に見えて仕方がない。

ミョンウン王女はサムノムの話から、チョン若様が恋文を送った相手が自分ではなかったと気づく。驚いた王女が立ち上がったせいで舟が揺れ、サムノムは池に落ちてしまった。ヨンはとっさに池に飛び込みサムノムを助ける。

熱を出したサムノムを看病するヨン。しかし朦朧としているサムノムはそれがビョンヨンだと勘違いし、母親と別れたときの夢を見たという。




マ内官に太平館の仕事を横取りされたと泣くト内官。マ内官はサムノムが女に見えて仕方ないという。マ内官は太平館で清国使節の”独舞の舞手をもう一度見たい”という言葉を聞く。

子どもの頃は世子の良き友であると共に良き臣下になると言っていたユンソン。ヨンが摂政になるのは外敵を追い払うためだと聞いて心が揺れる。

ト内官のことを相談に来たサムノムにユンソンは秋夕の休暇中に会う約束を取り付ける。

風灯祭で母親と別れたサムノムは、別れた場所で母親が迎えに来るのを待っていた。ヨンはサムノムを無理やり祭の賑わいの中に連れて行く。

ヨンとサムノムは子どもから買った風灯に願い事を書いて一緒に上げる。ヨンの願い事は”ホン内官の母親が見つかるように”

遅れてやって来たユンソンがサムノムを連れて行こうとするが、ヨンは”私の人だ”と言ってサムノムを放さない。

 

続きはこちら>>第6話




雲が描いた月明かり 第4話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

 

サムノムは、ヨン(今まで名前も知らなかったけれど)が世子だと知って驚く。

ヨンが摂政になるには清国の許可が必要だという 領議政。ヨンは、もうすぐやって来る清国使節から許可を受けられるよう決断は先延ばしにしてほしいという。

サムノムはヨンの世話係になった。ヨンに冠を被せようとするサムノムに、背伸びして意地悪をするヨン。

ヨンは茶山先生に会うために宮殿を抜け出した。その間にサムノムはユンソンと共に宮殿の外に出る。その帰り、雨宿りした軒先でヨンと一緒になったが、女の外衣を羽織っていたサムノムは顔を見せられない。ユンソンはサムノムを自分の恋人だと言ってその場を凌いだ。




ヨンは妓生を集めて宴で披露する舞の準備に取り掛かる。記録係のサムノムはその舞を一度見ただけですべて憶えてしまう。

宴の途中、最後に独舞を舞う妓生が姿を消した。サムノムは自ら衣装を着て独舞を舞う。その姿に目を奪われるヨン。

用意した祝辞をヨンは領議政に読ませる。 その内容は王様への忠誠を誓うもの。これで領議政は王様が世子を摂政にすることに反対できなくなった。

宴の後、ヨンは独舞を舞った妓生を探す。逃げきれなくなったサムノムにユンソンが手を差し伸べた。

 

続きはこちら>>第5話




雲が描いた月明かり 第3話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

 

すんでのところでサムノムは世子に助けられたが、その世子がヨンであることをサムノムはまだ知らない。

白紙で提出した論述試験もヨンが”答えはもう聞いた”と言って合格にする。

内官となったサムノムは側室のソギのお世話をすることになり、ソギから王様への手紙を言付かる。

ソギの手紙は王様には届かずいつも白紙の返事が来ると知ったサムノムは、上奏の間に手紙を忍ばせ、王様から直接返事をもらうことができたが、それもまた白紙だった。




手紙があぶり出しになっていたことがわかり、王様とソギは久しぶりに会うことができた。

今まで仲違いしていた王様とヨンは、今回のことでお互いを理解し、王様はヨンを摂政にしようとする。

サムノムは東宮殿の担当になり、世子の書庫に本を届ける。書庫にやって来たサムノムに、ヨンは自分が世子だということを明かそうとする。

 

続きはこちら>>第4話




雲が描いた月明かり 第2話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

 

宮殿から逃げ出そうとしていたサムノムはヨンにつかまり、ソン内官に引き渡される。

王妃が倒れるというアクシデントに救われ、幸か不幸か身体検査に合格してしまったサムノムは、筆記試験で不合格になろうとするが、内官姿のヨンに助けられ無理やり合格させられる。

最後の論述試験を白紙で提出すれば不合格となって宮殿から出られるとサムノムは考える。

問題児のサムノムには皆とは別の宿所が与えられた。そこに住むキム・ビョンヨンとビョンヨンを訪ねて来たヨンと共に酒を吞み、サムノムを犬扱いするヨンの指に噛みついてしまう。




サムノムは 領議政宅で開かれる宴の手伝いに駆り出される。鶏を捕まえようとして屋根から落ちたサムノムは、ユンソンに抱き留められた。

領議政の娘である王妃の懐妊を祝う宴。そこに射られた矢文をヨンが読み上げ、宴は異様な雰囲気に。

ヨンに祝い酒を注ぐユンソン。子どもの頃はビョンヨンと共に仲の良かった3人だが…

サムノムは、落ち込んでいるヨンを元気づけようと領議政宅で掴まえた鶏をご馳走する。

論述試験の回答を読んだ王女は、以前届いた恋文と同じだということに気付き、回答を代筆したサムノムを手討ちにしようとする。

 

続きはこちら>>第3話