再会した世界05-06

>>YouTube再生リスト

 

自分が死んだのはジョンウォンのせいではないというヘソン。ジョンウォンはずっとヘソンに会いたかったという。
ヘソンはジョンウォンの家に泊まることに。

缶ビールのプルタブを見つけてヘソンは高校時代のことを思い出す。
高校時代、二人でソウルまでジョンウォンの母親を訪ねて行ったが冷たくされる。
町の駅に帰り着くと、ジョンウォンは缶ビールが飲みたいという。ヘソンは飲み終わった缶ビールのプルタブを指輪のようにジョンウォンの指にはめてやる。

翌朝、仕事に行くジョンウォンを見送ったヘソンは弟ヘチョルに会いに行く。
ヘソンは強くなった力を使ってヘチョルが”兄貴”と呼ぶヤクザたちを懲らしめる。

ヤクザとは縁を切り新しい人生をとヘソンは言うが、ヘチョルは今更何も変わらないという。
他のきょうだいの電話番号も知らないヘチョルにヘソンは腹を立てる。

ジョンウォンが働くレストランが雑誌で紹介された。
ヘソンの弟ヨンジュンが客としてやってきたが、”兄弟はいないことにしてほしい”とジョンウォンに頼む。

ヘソンがヨンチョルを病院に訪ねて来たが、ヨンジュンは知らない人だという。
腹を立てたヘソンは怪力で警備員たちを投げ飛ばす。




謎のおじさんが現れてヘソンを投げ飛ばし、むやみに力を使うなとヘソンを嗜める。

川岸でしょんぼりするヘソン。レストランの前でジョンウォンを待つ。

ヘソンとジョンウォンはコンビニ前で酒を吞む。焼酎8対ビール2のソメクを吞んだヘソンは酔っぱらってしまう。

”自分が何故戻って来たのかわからない。誰も歓迎してくれない”
どうしてこうなってしまったのかと悩むヘソン。

酔って眠ってしまったヘソン。目を覚ますと高校時代の友人が集まっていた。皆ヘソンとの再会を喜んでくれた。

ヘソンは警察官のホバンに、事故の状況を説明する。
ヘソンを轢いた車はテフンの父親の車だというホバン。
ヘチョルが当日の家族たちの様子を説明する。ヨンジュンは家に居なかったというが、警察の記録は違っていた。

ジョンウォンの母親がレストランに訪ねて来た。母親はジョンウォンを助けたいというが、ジョンウォンは必要ないという。”ミンジュンと結婚する”というジョンウォンの嘘にミンジュンは話を合わせてジョンウォンを助ける。

事故当夜ヨンジュンが家に居なかったという話が気になるヘソン。
ジョンウォンに電話で確かめようとするが、携帯は故障したようになって使えない。

閉店後、ジョンウォンはミンジュンに昼間の礼を言う。
泣き出したジョンウォンの肩を抱くミンジュン。ヘソンがそんな二人を見てしまう。

 

 

続きはこちら>>あらすじ一覧