雲が描いた月明かり 第7話

>>無料動画(KBS会員登録が必要です) >>YouTube再生リスト

ラオンはヨンとビョンヨンに助けられ無事宮殿に戻った。
いつもビョンヨンに助けられて申し訳ないというラオン。話をするうちに以前看病してくれたのがビョンヨンではなくヨンだと気づく。宮殿がもっと好きになりそうで心配だというラオン。

ラオンを心配して駆けつけたユンソン。ラオンのことを”自分を走らせるほど特別な人”だという。
ヨンはラオン救出にユンソンの協力があったことをねぎらうが、ユンソンは自分にとっても重要なことだったから気にしなくていいという。

一人の内官を贔屓するヨンに”男色では?”という噂が立っているというソン内官。
王妃の前で吐き気をもようした女官は妊娠しているようだ。

ドキは毒の専門家。少量の毒を使って女官を治療する。
女官たちは、隠れて会っている内官と女官がいるという噂をする。

女官を妊娠させたのは内侍府の人間ではないことを証明するため、全内官に対して身体検査を行うことになった。

ヨンは食事がマズイといって全部ラオンに食べさせる。
ラオンが’そばにいろ’とはどういう意味なのかとヨンに問うとヨンは、お気に入りの内官をそばに置きたいと思うのはおかしいか?と答えた。

ハヨンは偶然を装って独り花園で読書をしているヨンの前に現れ、一緒に散歩をと誘うが断られる。花園での楽しそうな二人の姿をラオンが見てしまった。

偶然マ内官と女官のウォルヒの仲を知ってしまったラオンは、人形劇を通してマ内官の気持ちをウォルヒに伝えようとする。
ヨンはそんなことをしても無駄だというが、ラオンは気持ちを知るだけでも生きて行く力になるかもしれないという。

キム・ホンは、ホン・ギョンネの乱の残党が再び集結するためにギョンネの子どもを探していると王の不安を煽る。





ラオンに思いを寄せるユンソン。しかし祖父のキム・ホンはユンソンを礼判の娘と結婚させようとする。
ユンソンは以前買った女性用の服をラオンに贈り、女性として生きたいと思わないかと尋ねるが、ラオンは今のままがいいという。ラオンの本当の気持ちがわかるまで待っているというユンソン。

父親から領議政(キム・ホン)の孫との縁談話を聞かされたハヨンは、婚礼は自分の望む方としたいと答える。

人形劇は成功するが、ラオンはソン内官に捕らえられ王妃のもとに突き出される。
すぐにヨンがラオンを助けに来た。ラオンを見るヨンの目に特別なものがあると王妃は感じる。

ソン内官はラオンの身体検査をしようとするが、マ内官が助けに入る。
以前からラオンが女だと知っていたマ内官はラオンに宮殿は危険なところだと忠告する。出て行けるなら出て行かなければ、というラオン。

ラオンはヨンと距離を置き、自分を特別扱いしないでほしいと申し出る。

ヨンは悩んだ末にラオンを呼び出して’おまえが好きだ’と自分の気持ちを伝える。
’愛にも良いものと間違ったものがある’というラオン。
自分の気持ちに正直に、その’間違った愛’をしてみようと思う、とヨンはラオンにキスをする。

 

続きはこちら>>第8話




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です